[コース紹介]大阪 関西 ゴルフ場 天野山カントリー倶楽部

トップページ<< 南コース▼ 東コース▼ 北コース▼ 西コース▼

南コース

基本概念にとらわれることなく、パー3、パー4、パー5を各3ホールずつ配し、プレーヤーの挑戦意欲をかきたてるコースレイアウトです

原生林を数多く残したコース設計で、季節によって姿を変える自然豊かなラウンドが楽しめる

各ホールが個性豊かで変化に富み豪快なショットと確実にグリーンを捉える正確なショットが要求されます。

ホール PAR バック レギュラ ゴールド
1 5 570 545 466
2 4 381 360 318
3 3 163 143 121
4 4 377 372 308
5 3 175 158 106
6 5 500 479 419
7 3 222 203 154
8 5 507 442 369
9 4 375 349 299
36 3270 3051 2560
36 3075 2952 2528
南コース

ホールNO.1

YARD/バック:570 レギュラー:545 ゴールド:466
PAR 5
H.D.C.P:6

打ち下ろしのロングホール。右バンカーを避けセカンドショットは、
グリーン手前セコイアの木がスタイミーになる為、右目から攻める。

ホールNO.2

YARD/バック:381 レギュラー:360 ゴールド:318
PAR 4
H.D.C.P:4

2段フェアウェイのミドルホール。ティーショットは、左バンカーを避ける。 砲台グリーンの錯覚に注意し奥行は広いので攻めよう。右手前のバンカーに注意。

ホールNO.3

YARD/バック:163 レギュラー:143 ゴールド:121
PAR 3
H.D.C.P:9

横長に見えるグリーンだが奥行きは30ヤードあり、グリーンを捕らえるのに 距離感が難しい。
※ニアピン推奨ホール

ホールNO.4

YARD/バック:377 レギュラー:372 ゴールド:308
PAR 4
H.D.C.P:8

フラットなホールだが左にバンカー、右にO.B.の為、 無理に攻めると大ケガの素。

ホールNO.5

YARD/バック:175 レギュラー:158 ゴールド:106
PAR 3
H.D.C.P:3

グリーン局所が池に囲まれた打ち下ろしの名物ショットホール。
グリーンは、奥行き40ヤードあるのでピンの位置でクラブ選びが大切。

ホールNO.6

YARD/バック:500 レギュラー:479 ゴールド:419
PAR 5
H.D.C.P:2

ティーショットは左右の林でプレッシャーがかかるロングホール。2フェアウェイで グリーン手前のバンカー、木が障害となる為ピンの位置で左右攻める方向が変わる。
※ドラコン推奨ホール

ホールNO.7

YARD/バック:222 レギュラー:203 ゴールド:154
PAR 3
H.D.C.P:5

距離のある谷越えのショートホール。左目から攻めたいホールだ。
グリーンはアンジュレーションがある為、慎重にラインを読み行おう。

ホールNO.8

YARD/バック:507 レギュラー:442 ゴールド:369
PAR 5
H.D.C.P:1

S字のロングホール。ティーショットの狙い目で使用クラブが変わる。
冒険するか、確実に攻めるか、プレーヤーのコースマネージメントが重要。

ホールNO.9

YARD/バック:375 レギュラー:349 ゴールド:299
PAR 4
H.D.C.P:7

ストレートなミドルホール。ティーショットは、バンカーの左狙いだが
左に逃げすぎるとOBの危険性も。グリーン手前からのアプローチは難しい為、 気を付けよう。

東コース

生駒・葛城・金剛の名峰が見渡せる風光明媚はコース。
随所に池を配置し、ショットの正確性が要求され、春には桜の木が
コースを彩ります。
また、No.5(パー3)グリーン手前に池、更に手前に砂浜をイメージさせるバンカーがあり庭園風なホールでゴルファーの心を和ませています。このような戦略性と景観面のバランスを巧みに取り入れたロマンティックなコースです。

ホール PAR バック レギュラ ゴールド
1 5 455 440 360
2 4 380 364 310
3 4 368 360 278
4 5 440 420 380
5 3 134 122 94
6 4 353 340 317
7 4 396 376 248
8 3 206 195 125
9 4 382 370 309
36 3114 2987 2421
36 3270 3051 2560
東コース

ホールNO.1

YARD/バック:455 レギュラー:440 ゴールド:360
PAR 5
H.D.C.P:7

正面の池まで230ヤード。距離の短いロングホールだが、セカンド地点から穏やかな打ち上げとなるので距離感が必要。

ホールNO.2

YARD/バック:380 レギュラー:364 ゴールド:310
PAR 4
H.D.C.P:5

広々とした打ち下ろしのミドルホール。ティーショットは左側
バンカーを避け確実にフェアウェイをキープしよう。

ホールNO.3

YARD/バック:368 レギュラー:360 ゴールド:278
PAR 4
H.D.C.P:6

ティーショットは左バンカーを避け、右フェアウェイから
グリーンを狙っていこう。

ホールNO.4

YARD/バック:440 レギュラー:420 ゴールド:380
PAR 5
H.D.C.P:9

穏やかな打ち上げのロングホール。最短距離を狙うとセカンド
地点にある大きな2本の木がプレッシャーとなる。

ホールNO.5

YARD/バック:134 レギュラー:122 ゴールド:94
PAR 3
H.D.C.P:8

池越えのショートホール。風の影響を受けやすいホールなので、 クラブ選択が重要な鍵。
※ニアピン推奨ホール

ホールNO.6

YARD/バック:353 レギュラー:340 ゴールド:317
PAR 4
H.D.C.P:3

ティーショットは易しいが、セカンドショットは手前に池、グリーン奥が狭い為、 正確な距離感が必要になる。

ホールNO.7

YARD/バック:396 レギュラー:376 ゴールド:248
PAR 4
H.D.C.P:1

ティーショットは左フェアウェイ狙い。グリーン手前のバンカーに入ると パーセーブは難しくなるので注意。

ホールNO.8

YARD/バック:206 レギュラー:195 ゴールド:125
PAR 3
H.D.C.P:4

池越えのショートホール。右側のバンカーを避けグリーン中央を
狙っていこう。

ホールNO.9

YARD/バック:382 レギュラー:370 ゴールド:309
PAR 4
H.D.C.P:2

豪快なうち下ろしのミドルホールでフェアウェイは広く、ドラコンに最適。
右の特徴のあるバンカーを避けセカンドショットが打ち上げになるので距離感に注意。
※ドラコン推奨ホール

北コース

林に囲まれていて、自然の地形を生かした打ちあげ、打ちおろしなど変化に富んだホールが続き、フェアウェイにも微妙なアンジュレーションがあります。

なかでもNo.5(パー4)は、打ちあげでしかもフェアウェイ左サイドには大小20個ものマウンドがあり、プレーヤーを悩ましています。

また、No.6(パー5)は打ちおろしでティーショットが左の林を越せば2オンのチャンス、失敗するとトラブルというような、ゴルファーの多彩な技術を要求するスリリングなコースです。

ホール PAR バック レギュラ ゴールド
1 4 390 380 360
2 4 415 390 333
3 3 199 187 146
4 4 406 393 329
5 4 334 321 290
6 5 499 476 428
7 3 183 175 148
8 4 426 384 314
9 5 534 511 398
36 3386 3217 2746
西 36 3460 3287 2802
北コース

ホールNO.1

YARD/バック:390 レギュラー:380 ゴールド:360
PAR 4
H.D.C.P:5

豪快な打ち下ろしのミドルホール。左バンカーを避け右サイドが安全。セカンドショットは左足下りのライとなる為、距離感が難しい。

ホールNO.2

YARD/バック:415 レギュラー:390 ゴールド:333
PAR 4
H.D.C.P:2

ティーショットはバンカーも無くフェアウェイが広いのでドラコンに最適。グリーン奥からの傾斜がきつい為、セカンドは花道から攻める。
※ドラコン推奨ホール

ホールNO.3

YARD/バック:199 レギュラー:187 ゴールド:146
PAR 3
H.D.C.P:8

池越えの打ち下ろしのショートホール。風の影響を受けやすい。又、2段グリーンの為クラブ選択がワンオンの鍵になる。
※ニアピン推奨ホール

ホールNO.4

YARD/バック:406 レギュラー:393 ゴールド:329
PAR 4
H.D.C.P:1

難易度の高いミドルホール。ティーショットはフェアウェイをキープしたい。グリーンが砲台の為、手前に外すと大叩きの危険性がある。

ホールNO.5

YARD/バック:334 レギュラー:321 ゴールド:290
PAR 4
H.D.C.P:7

セカンドショットからかなりの打ち上げになるミドルホール。ティーショットは左ラフを避け右サイドから。グリーンは2段の為、ピンの位置と上りの距離感が重要になる。

ホールNO.6

YARD/バック:499 レギュラー:476 ゴールド:428
PAR 5
H.D.C.P:4

比較的距離の短い左ドッグレッグのロングホール。ティーショット次第では2オンも可能。グリーン左右手前に池がある為無理をせず、3打目からでもバーディーを狙える。

ホールNO.7

YARD/バック:183 レギュラー:175 ゴールド:148
PAR 3
H.D.C.P:9

手前両サイドにバンカーが口をあけている。少し大きめのクラブで。バンカーを避け、確実にグリーンを捉えたい。

ホールNO.8

YARD/バック:426 レギュラー:384 ゴールド:314
PAR 4
H.D.C.P:3

距離のあるミドルホール。ティーショットは左フェアウェイ狙いで。グリーンが砲台になる為セカンドショットは高いボールが要求される。比較的グリーンが易しいのでアプローチ、パットでパーを拾いたい。

ホールNO.9

YARD/バック:534 レギュラー:511 ゴールド:398
PAR 5
H.D.C.P:6

ティーショットがなだらかに打ち下ろしていくロングホール。距離をかせぎたいのが両サイドO.B.の為正確なドライバーショットが必要。グリーンは砲台の為少し大きめのクラブで。

西コース

フラットで幅も広い豪快なホールが続き、各ホール共ティーグランドからグリーンまで見通せます。

特にNo.2、No.3ホールから泉北ニュータウンを眼下に、大阪湾に向かってのショットは格別で、ゴルファーの心を満足させます。

また、後半の3ホール(No.7・No.8・No.9)は難易度の高いホールが続き、特にNo.9(パー5)右サイドのクリークやグリーン手前の池は戦略性と美しさを兼ね備えたダイナミックなコースです。

ホール PAR バック レギュラ ゴールド
1 4 400 379 343
2 4 383 367 299
3 4 422 403 309
4 3 176 152 127
5 4 380 366 356
6 5 544 521 462
7 3 197 184 125
8 4 424 404 338
9 5 534 511 443
西 36 3460 3287 2802
36 3386 3217 2746
西コース

ホールNO.1

YARD/バック:400 レギュラー:379 ゴールド:343
PAR 4
H.D.C.P:7

比較的フラットなスターティングホール。ティーショットは正面鉄塔狙い。
グリーンオーバーに気をつけ手前から攻める。

ホールNO.2

YARD/バック:383 レギュラー:367 ゴールド:299
PAR 4
H.D.C.P:5

ティーショットは打ち下ろし、正面230ヤード地点に池がある為クラブ選択に注意。 セカンドショットは比較的グリーンを捉えやすいが、グリーンオーバーは禁物

ホールNO.3

YARD/バック:422 レギュラー:403 ゴールド:309
PAR 4
H.D.C.P:2

距離のあるミドルホール。左はO.Bに注意。右に逃げすぎるとセカンドショットで
グリーンを狙いにくくなる。

ホールNO.4

YARD/バック:176 レギュラー:152 ゴールド:127
PAR 3
H.D.C.P:9

大きなグリーンのショートホール。奥からのパット・アプローチは難しくなるので
クラブの選択が重要。
※ニアピン推奨ホール

ホールNO.5

YARD/バック:380 レギュラー:366 ゴールド:356
PAR 4
H.D.C.P:4

一見平凡に見えるホールだがグリーンが砲台の為、距離感が合いにくい。
高いボールと正確な距離感が要求される。

ホールNO.6

YARD/バック:544 レギュラー:521 ゴールド:462
PAR 5
H.D.C.P:1

ストレートでフラットなロングホール。ティーショット・セカンドショットとも左サイドから 攻める。グリーンオーバーすると難しくなるので注意。

ホールNO.7

YARD/バック:197 レギュラー:184 ゴールド:125
PAR 3
H.D.C.P:8

大きな段差のある2段グリーンのショートホール。手前には大きなバンカーがあり、 プレッシャーのかかるホールで確実にピンのある面にオンさせたい。距離を合わせないと 3パットの危険性あり。

ホールNO.8

YARD/バック:424 レギュラー:404 ゴールド:338
PAR 4
H.D.C.P:3

緩やかな上りで距離のあるミドルホール。ティーショットでしっかり距離をかせぎたい。 グリーンは2段グリーンの為、下にピンがある場合、奥から早いので手前から攻める。
※ドラコン推奨ホール

ホールNO.9

YARD/バック:534 レギュラー:511 ゴールド:443
PAR 5
H.D.C.P:6

ティーインググラウンドからグリーン手前まで右サイドにクリークが続くロングホール
ティーショットは無理をせず確実にフェアウェイをキープしたい。グリーンはアンジュレーションが あり、戦略性の高いフィニッシングホールだ。

フッターメニュー

大阪 和歌山 関西 近畿 ゴルフ場 天野山カントリー 京都 神戸 奈良

〒590-0135 大阪府堺市南区別所1549-46 / 営業時間:7:30~17:00